ピル服用と排卵日回避でダブル避妊対策

30代後半の女性です。避妊に関しては、オーソドックスですが低用量のピルを毎日服用しています。

20代の初め頃に、月経周期を安定させ、ひどい生理痛を緩和する目的で産婦人科医に処方してもらい、以来7-8年ごとに製薬ブランドを変更したりしながら飲み続けています。避妊効果も高いので安心していました。

ところが数年前、「ピルは100%完全に妊娠を回避することはできず、服用していてもごくごく稀な確率で妊娠することもありうる」と聞き知ってショックを受け、パートナーに「あなたも避妊して」と協力をお願いしたことがあります。

というのは、それまでは私側がピルでおこなう避妊だけで、パートナーはコンドームを使用していませんでした。ですがパートナーは「どうしても感覚が嫌だ」「コンドームはとても高いから」等という理由で、なかなか受け入れてはくれず、結局そのまま現状維持しています。

仕方がないので、私が「危険日周辺の交渉をさける」という戦略を使っています。だいたいこのへんが排卵日、というあたりをつけて、わざと夜おそくまで仕事を入れたり、遠出をするように心掛けています。「ここの所仕事が立て込んでいるから、今日は早めに休むね」と疲れ果てたやつれ顔で言えば、パートナーはごく自然に「そうだね、お休み」と受け取ってくれるので、交渉を回避することができます。実際に私自身は疲れていますので、嘘でもなんでもないのですが、この根底に避妊の戦略があるということに、パートナーは気が付いていないと思われます。

トリキュラーの通販