快眠することをモットーに頑張ってみた

寝つきが悪い、眠りが浅い、朝スッキリ目覚める事ができないというのが私の悩みでした。

もともと早寝早起きが苦手なので仕方ないと諦めている部分はありましたが、それでは仕事に支障が出てしまうと感じ始めてからはいろんな方法を試しました。

はじめに取り組んだのは「アロマ」です。快眠の為にはラベンダーの香りが枕元にあると良いと聞いたので眠る前はラベンダーのアロマを焚いてみました。

初めの一日は眠れましたが継続した効果は出ませんでした。

次に試したのは、ベット周りを快適な状態に保つことです。

布団が湿気を含んでいたり、枕カバーが臭かったりすると眠る前から不快に感じてしまい嫌な夢でうなされたりする事があったのとアレルギーがあってハウスダストを除去したかったんです。

布団乾燥機を購入して、ベットカバーや枕カバーは最低週に3回は交換していました。

快適な状態だとぐっすり眠れるようになりましたし、寝つきも早くなりました。

でも、寝つきの良さに一番効果があったのは呼吸法でした。

副交感神経と交感神経を正常に保つ呼吸法を教えてもらい試してみると普段の睡眠だけでなく旅行先で寝付けない時やちょっと昼寝したい時もすんなりと眠りにつくことが出来るんです。

その方法とは、鼻から5秒息を吸います。口から10秒で息を吐きます。たったそれだけです。

数回やっているだけで、私は眠りに落ちています。

リラックスしたい時も試していますが、睡魔に襲われることもあるので勤務中はおススメ出来ません。

自律神経の乱れにも呼吸法が効果的なんだそうで、いろんなやり方があるみたいです。(片方の鼻から吸う。10秒吸うなど)

自分が心地よいと感じる方法を探してみるのも良いと思います。

腰痛解消の布団ランキングならこちら